今日は浴室のクリーニングを行いました。

30年ものの浴室だったので、クリーニングというより、ハンドポリッシャーやサンダーに専用のパットをつけて磨いていくというイメージです。

浴室といっても、さまざまな素材が使用されており、それぞれの素材にあわせた最適な作業方法を選んで行います。

今回は、浴槽がホーローで、壁と床がタイル、一部大理石と入口のドアがアルミとガラスで、ユニットバスタイプとは違い

素材オールスターがそろってました(笑)

特に床のタイルに付いてしまった水垢は、長年の蓄積でカチカチでした。

前回頼んだお掃除屋さんには、落ちないと言われてしまったようです。

そう言われると燃えてしまいます!!

時間はかかってしまいましたが、落とす事が出来ました。

お客様には今日のお風呂は気持ちよく入ってもらっていると思います。

他業者に出来ないと言われた汚れもまずはご相談下さい。